IPO株の公募入手方法ってどうすればいいの?

通常、企業は株式市場から資金調達のため株式を公開し、上場します。
このように未上場株を新規に上場することを株式公開、IPOといいます。
新規株式公開にあたっては財務諸表や株主構成、同業他社などとの比較をしながら株式公開価格を決定します。
通常は同業他社との比較から、公開価格は割安の価格決定がなされるのが一般的となっています。
そのため新規公開株については、上場日以前に公開価格が決定され一般公募がなされますが、その上場前の一般公募時点で、その株を入手する方法はさまざまな方法があります。
証券会社により抽選方法などさまざまです。
また証券会社が公開時の主幹事会社であれば幹事会社の扱う公募株式数は非幹事会社にくらべて多いのが一般的です。
公開株式価格は比較的割安なので上場日、初日の初値は公開価格を上回ることが多いといえます。
そのため公募には多くの参加者が集まり簡単に抽選にあたって入手することなどはなかなか困難といえます。
新規公開株はIPO銘柄と言われます。
この株を入手するには公開株の幹事証券会社はどこなのか、証券会社の扱う公開株数や抽選方法など詳細を確認して公募に応募するのがよいといえます。