住宅ローン借り換えタイミングはアベノミクスでどうなる?

住宅ローンの低金利傾向に、借り換えのタイミングを伺っている方も多いことでしょう。
アベノミクスによる低金利政策、デフレ脱却、増税による消費の冷え込みをカバーするといった様々な政策がとられていますね。
住宅ローンに関しては、低金利にすることで多くの人がローンを利用しやすくし、住宅の購買意欲を削がない様にという意味合いと、消費を刺激して経済を活性化するという意味合いを持っています。
ですから、まだしばらくは低金利で推移するとみられています。
すでにかなりの低金利となっていますが、この先、低金利状態が続くとの見通しから、固定金利も1%前半が続くのでは無いかと思われますね。
変動金利に乗り換えるのは不安でも、長期固定で1%前半なら、メリットが出る人も多いのではないでしょうか。