生命保険種類は?

【保険には目的によって機能が異なってくる】生命保険は加入目的によって種類が異なってきます。
つまり同じ生命保険であっても、機能はそれぞれ異なってきますから、目的に沿ったものを選ぶ必要があるのです。
保険の種類は大きく分けて次の3つです。
<①死亡保険>万一の場合の死亡保障がついた保険です。
<②入院保険>病気や怪我などの入院費用や治療費用のための保障がついた保険です。
<③老後・貯蓄保険>老後の生活資金に充てるための費用や、子どもの教育資金などのための中長期的な貯蓄機能を備えた保険です。
現在発売されている保険は、こうした機能が組み合わされたものや、または単独機能のものもありますから、加入に際しては各々の機能をよく把握した上で選ぶことが大切です。
なお上の3種類は保険は各々が一つだけしかないのではなく、それぞれの下にはさらにいくつもの種類に分かれています。
http://www.seimeihoken-minaoshi-guide.com/